20:58 2018年11月17日
ウラジーミル・プーチン露大統領

プーチン大統領、サウジ国王と電話会談 カショギ氏殺害事件など協議

© Sputnik / Aleksey Druzhinin
政治
短縮 URL
180

ウラジーミル・プーチン露大統領は25日、サウジアラビアのサルマン国王と電話会談を行い、シリア問題、エネルギー分野における二国間協力、およびジャマル・カショギ氏の殺害事件を巡る状況について協議した。これについてプーチン大統領が記者会見で明らかにした。

スプートニク日本

電話会談はサウジ側のイニチアチブで行われた。

プーチン大統領は記者団に対し、「エネルギー分野を含む二国間協力のさらなる進展について詳細に協議した。われわれはシリア問題や中東状況、そしてカショギ氏殺害事件を巡る状況についても意見を交わした」と述べた。

2017年から米ワシントン・ポストの記者を務めていたサウジ反体制派ジャーナリストのカショギ氏は今月2日、在イスタンブール・サウジ領事館に入って以来行方不明となっていた。サウジ政府は20日夜、カショギ氏は領事館職員との「殴り合い」の末死亡したとの声明を出した。これを受け、容疑者18人が逮捕されている。

関連ニュース

‍プーチン大統領、米のINF条約脱退の場合の対抗策を説明

日本政府、カショギ記者殺害を非難

サウジアラビア国王、死亡した記者の遺族と面会=マスコミ

タグ
ウラジーミル・プーチン, サウジアラビア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント