04:56 2018年11月16日
ドナルド・トランプ米大統領

トランプ大統領、メキシコ国境に米兵1.5万人配置の意向

© REUTERS / Kevin Lamarque
政治
短縮 URL
1141

ドナルド・トランプ米大統領は「移民キャラバン」の米国入国を阻止するため、最大1.5万人の米兵をメキシコ国境の警備に当たらせる意向を明らかにした。

スプートニク日本

移民キャラバンは10月半ばから中米を北上し、メキシコ経由で米国に入ろうと集団移動している。メキシコ政府の発表によると、キャラバンの参加者は約3600人。トランプ大統領はツイッターの投稿で「キャラバンは非常に手強い戦士や人々で構成されている」と述べた上で、キャラバンを阻止できなかったメキシコ政府を批判した。

トランプ大統領は記者団に対し「非常に危険な(移民)キャラバンに関して言えば、ご存知の通り、すでに米兵が派遣されている。われわれには米兵5000人の用意があり、今後は1万~1.5万人となるだろう。誰も(米国に)不法入国しない。われわれはこれを認めない」と述べた。

米国防総省は先に、移民集団の入国を阻止するため米兵約1800人をテキサス州に、1700人をアリゾナ州に、1500人をカリフォルニア州に、計5000人をメキシコ国境に派遣する計画を発表している。

BBCによると、移民キャラバンは先月13日、米国への入国を目指しホンジュラスの都市サンペドロスーラを出発した。キャラバンはそこから同国の都市ヌエベ・オコテペケまで歩き、グアテマラに入った。キャラバンへの参加は中米諸国における暴力からの回避、およびより良い生活を送ることが理由としてあげられている。

関連ニュース

トランプ大統領 大量移民封じでメキシコとの国境封鎖を威嚇

トランプ氏 メキシコとの国境に壁建設開始

タグ
軍事, 移民, アメリカ軍, ドナルド・トランプ, メキシコ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント