13:50 2018年11月18日
日本の菅官房長官(アーカイブ写真)

菅官房長官「米選挙結果は日米関係に影響せず」

© AFP 2018 / Toru Yamanaka
政治
短縮 URL
0 37

菅官房長官は7日、東京で開かれた記者会見で、米中間選挙の結果は日米両政府の同盟関係に影響を及ぼさないと述べた。

スプートニク日本

時事通信によると、菅長官は、「日米同盟は揺るぎないものであり、その重要性については共和党、民主党を問わず共通の認識が存在している」ことを理由に、今回の中間選挙の「結果が日米関係に直接影響を及ぼすことはない」と述べた。

日本時間12時30分時点での暫定的な開票結果によると、今のところ共和党が上院で50議席、下院では435議席中130議席を確保している。民主党は今のところ、上院で38議席、下院では115議席に甘んじている。米メディアによる予想では、民主党が下院で多数派を得る可能性がある。

関連ニュース

タグ
日米関係, 選挙, 戦争・紛争・対立・外交, 菅義偉, 日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント