05:38 2018年11月15日
ブライアン・フック米特別代表

米国が暴露 イラン 石油タンカーの測位を回避

© AP Photo / Cliff Owen
政治
短縮 URL
103

ブライアン・フック米特別代表・イラン担当は、イランの石油タンカーが米国の制裁を免れようと、自動識別システムのトランスポンダ(中継器)のスイッチを切り、人工衛星による測位を避けて航行していることを明らかにした。

スプートニク日本

フック特別代表は、「この戦法は海上の安全保障を脅かす」と強調し、「トランスポンダは最大限、海上の動きが見通しがつくようにするためのものであり、そのスイッチを切れは不幸な事態の発生リスクが高まる」と警告している。特別代表はまた、石油タンカーの自己は環境に多大な損害を与えるほか、賠償には巨額が必要となるものの、制裁の対象となったイランは国際市場で保険をかける権利が剥奪されており、イランの保険業者にも巨額の保証金の支払い能力はないと指摘している。

フック特別代表はさらに、イランのタンカーの寄港を許した国、港湾オペレーターも米国の制裁対象となりうると警告した。

関連ニュース

タグ
経済, 石油, 戦争・紛争・対立・外交, 制裁, イラン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント