12:02 2018年12月13日
露外務省(アーカイブ写真)

「タリバン」は、モスクワで開催のアフガンに関する次回会合にも参加する用意がある=露外務省

© Sputnik / Maxim Blinov
政治
短縮 URL
0 62

アフガニスタン旧支配勢力「タリバン」は、モスクワで開催のアフガニスタンに関する次回会合にも参加する用意がある。12日、アフガニスタン担当ロシア大統領特使で、ロシア外務省 アジア第2課長のザミール・カブロフ氏が発表した。

スプートニク日本

9日、モスクワでアフガンに関する会合が開かれた。カブロフ氏はロシアのマスコミから質問を受け、「原則的にタリバンは(次回会合にも参加する)用意がある」と述べ、「彼らは会合がとても気に入ったようだ。彼らは(次回も)参加する用意がある」と語った。

またカブロフ氏は「タリバンは、自分たちは(会合の)れっきとした参加者でなければならないと主張しているが、それに対してわれわれに異議はない」と強調し、「これはアフガニスタン国民の主権だ」と述べた。

さらにカブロフ氏は、タリバンがアフガニスタン政府と話し合うのは、アフガンからのすべての外国部隊撤退のスケジュールについて米国と合意に達した後になると指摘した。

またタリバンは信頼醸成措置として、すべての政治犯の釈放と1990年代にタリバンに対して発動された制裁の解除を求めているという。

タグ
びっくり, 戦争・紛争・対立・外交, ロシア外務省, 米国, アフガニスタン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント