09:57 2018年12月10日
英国のドミニク・ラーブEU離脱担当相はツィッターを通じて辞任を宣言した。

英国EU離脱担当相 辞任を宣言

© AFP 2018 / Ben Stansall
政治
短縮 URL
214

英国のドミニク・ラーブEU離脱担当相はツィッターを通じて辞任を宣言した。ラーブ氏はEU離脱合意問題で意見の不一致が辞任の原因だと明らかにしている。

スプートニク日本

ラーブ氏はツィッターに「今日、EU離脱担当相の職の辞任状を提出した。私は良心から、英国とEUとの合意のために提示された条件を支持するわけにいかない」と書いている。

メイ英首相は、英国政府が14日夜、英国の離脱条件についてのEU合意案を承認したことを明らかにした。

この案は移行期間、財務調整、英国民の権利の他、アイルランド、ジブラルタル、キプロスについてのプロトコルといった手順の主要な局面を網羅している。

英国のEU離脱は2019年3月29日に迫っている。

タグ
英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント