17:08 2018年12月15日
APECサミット

中国:米国の発言はAPECサミットの雰囲気を損ねた

© Sputnik / Aleksandr Astafiev
政治
短縮 URL
123

中国外務省の耿爽報道官は19日のブリーフィングで、APEC(アジア太平洋経済協力会議)首脳会議での米国の発言は、会議の雰囲気を損ね、コンセンサスの達成に貢献しなかったと述べた。

スプートニク日本

パプアニューギニアで17日~18日に開催されたAPEC首脳会議は、初めて首脳宣言が採択されずに閉幕した。

会議は、米中貿易戦争を背景に開催され、複数の西側メディアは、首脳宣言を作成する際の中国代表団との摩擦について報じた。報道官はブリーフィングで「中国側の発言は、どこかの国に対して向けられたものではなく、どこかの国を挑発するものでもなかった。

一方、すべての人が、米国側の発言を聞き、目にした。米国は、まるで激怒してこのAPECサミットに参加したようだった。米国側の発言は露骨に意見の相違を引き起こし、人工的な食い違いをつくり出し、会議の雰囲気を損ね、コンセンサス達成に貢献しなかった」と述べた。

関連ニュース

APEC、論争点除いた声明を採択

中国、対米協議に意欲

タグ
中米関係, アジア太平洋経済協力, 米国, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント