19:41 2018年12月19日
アレクサンドル・プロコプチュク少将(アーカイブ写真)

米上院議員、ロシア人がインターポール総裁に選出されるのを阻止するよう呼びかける

© 写真: Twitter/Interpol
政治
短縮 URL
1014

米上院議員のグループは、 国際刑事警察機構(ICPO、インターポール)の新総裁選出について、インターポール総会のメンバーとホワイトハウスに対し、ロシア人のアレクサンドル・プロコプチュク候補に反対するよう呼びかけた。

スプートニク日本

上院議員のグループは「アレクサンドル・プロコプチュク少将をインターポール総裁に選出することは、鶏舎を担当するキツネを任命するようなものだ」と述べた。

議員らは、ロシアは「政治的反対派、反体制派、ジャーナリストに対する仕返しや暴力のためにインターポールを定期的に利用」しており、プロコプチュク少将は「民主主義的制度を弱体化させ、プーチン大統領の権威主義体制を強化すること」を目的とした「脅迫戦略」に個人的に参加したと主張している。

インターポール総裁は、21日にアラブ首長国連邦のドバイで選出される。中国出身の孟宏偉・前総裁は、汚職の疑いで中国で逮捕された。2016年にICPO副総裁に就任したプロコプチュク氏は、インターポール新総裁の主要候補者と呼ばれている。

ロシアは米議員らの声明にすでに反応した。ペスコフ露大統領報道官は、ロシア人のインターポール総裁候補者への反対を呼びかけている米上院議員は、選挙プロセスに大いに介入していると発表した。

関連ニュース

米下院倫理委員会、2議員をセクハラで非難

米中間選 民主党が下院多数派を獲得、共和党は上院掌握を維持 選挙結果の評価はいかに

タグ
スキャンダル, インターポール, ウラジーミル・プーチン, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント