18:39 2018年12月16日
ザハロワ報道官

露外務省、日本への2島引き渡しの可能性にコメント

© Sputnik / Maxim Blinov
政治
短縮 URL
6128

ロシア外務省のザハロワ報道官は同省の記者会見で、1956年の宣言による条件に従ってクリル諸島の2つの島を日本に引き渡す可能性について説明した。報道官は、同宣言について、現在の条件とは根本的に異なる具体的な歴史的条件の下で署名されたため、まず手始めに、日本政府が宣言の規定をどのように解釈しているのかについて理解することが重要だと指摘。同様に、平和条約に関するロシアと日本による交渉の結果は、両国の国益に反してはならないと指摘した。

スプートニク日本

ザハロワ報道官は、「思い起こしていただきたいが、この宣言は具体的な歴史的、地政学的現実の下で締結された。しかし、日本はその後、この文書に基づく合意の履行を拒否した。現代の世界情勢は、1956年に先行していた時代とは根本的に異なっているのだ。

第2次世界大戦の結果に基づいて南クリル諸島がロシア連邦に帰属していることの合法性を含め、第2次世界大戦の結果を完全に認めるという観点から、日本政府が今日、宣言をどのように解釈しているのかについて理解することが重要だ」と指摘した。

ザハロワ報道官は同様に、交渉の過程で今後形成される合意に対して日米軍事同盟がどのような影響を及ぼす可能性があるのかについては、今日の時点でははっきりしていないと指摘した。

モスクワで1956年10月19日、日本とソ連の戦争終結、外交及び領事関係回復に関する日ソ共同宣言に署名がなされた。

ソ連政府は、ソ日共同宣言第9項で、平和条約締結後にシコタン島とハボマイ群島を日本に引き渡すことで同意している。

関連ニュース

安倍首相、クリルが引き渡された場合に米軍基地を島に置くことはないとプーチン大統領に伝える

プーチン大統領 シンガポールで安倍氏とクリル諸島の討論計画

タグ
露日関係, ロシア外務省, マリア・ザハロワ, クリル諸島, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント