18:40 2018年12月16日
米上院

米上院 ロシアの選挙「介入」疑惑捜査をあと半年延長

© Fotolia / Pozdeevvs
政治
短縮 URL
0 14

2016年の米国大統領選挙活動へのロシアの「介入」疑惑を調べる捜査は少なくともあと半年は続けられる。米上院捜査委員会のリチャード・ベル委員長は(ノース・カロライナ州・共和党議員)23日、ブルームバーグからの取材に対し、こう明らかにした。

スプートニク日本

ベル委員長は、情報収集作業の終了後、委員会が総括したレポートを作成し、それを公表するのに「少なくとも6カ月」は要されると語っている。

ベル委員長は、同委員会の民主党議員らが強要する公開公聴会の実施の可能性については否定した。

関連ニュース

フィンランド首相、NATO軍事演習でのGPS障害でロシアを疑う

ロシア人専門家欄 米法務省が選挙干渉で露女性を訴追にコメント

タグ
事故, 選挙, ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント