20:11 2018年12月17日
国連安保理(アーカイブ)

国連安保理会合 ロシア、イランに対する制裁ではなく、対話を呼びかける=露国連代表部

© Sputnik / Dmitry Astakhov
政治
短縮 URL
0 51

ロシアは、国連安全保障理事会のイランに関する会合で、イランに対する制裁やおどしの代わりに、相互に尊敬した対話を行うよう呼びかけた。ロシア国連代表部のフョードル・ストルジジョフスキー報道官が発表した。

スプートニク日本

報道官によると、会合でロシア代表は「当事者に対するおどしや制裁の代わりに、全うかつ相互に尊敬した対話を行う必要がある」と述べた。

ストルジジョフスキー報道官は「イランが国連安保理決議第2231号に違反したとは考えていない」と指摘し、同決議は「イランに対して核弾頭を運搬するために設計された弾道ミサイルの発射に関する活動を控えることを要請しているだけで、我々の西側のパートナーが主張しているような禁止は含んでいない」と述べた。

関連ニュース

EU、米制裁にもかかわらず平和目的の原子力分野でのイランとの協力継続へ

ポンペオ国務長官、イランと中国を非難 国際秩序を破壊している

タグ
国連, イラン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント