20:14 2018年12月17日
河野外相

ロシアとの平和条約は「日本側の思いを入れたい」 河野外相

© Sputnik / Ramil Sytdikov
政治
短縮 URL
372

日本の河野外相はロシアとの平和条約の交渉について、6日の衆議院外交防衛委員会の場で「日本側の思いをしっかりと入れた平和条約としたい」と述べた。6日、NHKが報じた。

スプートニク日本

河野外相はロシアと日本の立場が異なっていることから、両国が受け入れ可能な合意にするための交渉は「困難を両国で乗り越えて」いかねば条約は締結できないことを示唆している。

河野外相は日本側の主張をどう行うかについては、日本政府の法的立場に変わりはないと念を押したうえで、「私の発言ががさまざまな反応を呼び起こして交渉自体に影響を与えることが十分考えられる」とし、交渉から影響を受ける人たちの反応がその行方に与える影響を考慮し、慎重な姿勢を表した。

先のブエノスアイレスでのプーチン・安倍両首脳会談で平和条約の交渉責任者をラブロフ、河野両外相とすることが決まっている。

関連ニュース

平和条約交渉 新メカニズムの露日会談の時期は近日中に公表 ロシア外務省

タグ
河野太郎, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント