11:21 2019年11月13日
露外務省(アーカイブ写真)

米ミサイル防衛システム配備に関する日本の説明にロシアは満足していない=露外務省

© Sputnik / Maxim Blinov
政治
短縮 URL
192
でフォローする

ロシア外務省のエルマコフ不拡散・軍備管理局長は、米国のミサイル防衛システム「イージス・アショア」を日本領内に配備する計画についての日本の説明にロシアは満足していないと述べ、問題は、そのような行動が地域の安全保障問題を悪化させることだと指摘した。

スプートニク日本

エルマコフ氏は「我々が懸念しているのは、日本が自国領土にトマホーク巡航ミサイルのような武器を運用できる垂直発射装置Mk-41を設置したイージス・アショアを展開することを決定したという事実だ。

このようなシステムが日本の自衛隊の管理下に置かれ、米国のミサイル防衛システムから完全な『独立』を維持するという保証は、私たちを満足させない」と強調した。

エルマコフ氏は、米ミサイル防衛システム展開の特徴と領域は、それらが明らかな反ロシア及び反中国的な傾向を有していることを物語っており、「実際のところ、これは日本の防衛力の強化ではなく、頑なに続けられている一方的かつ絶対に誰からも制御を受けない米国のグローバルなミサイル防衛ポテンシャルの増強である」と述べた。

関連ニュース

ラブロフ外相、日本との平和条約締結のために何をすることが不可欠か説明

タグ
ミサイル, 武器・兵器, 日本, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント