01:59 2019年01月19日
ロシアのショイグ国防相(アーカイブ写真)

露国防省のINF討議の提案 ペンタゴンは無視

© Sputnik / Vitaly Belousov
政治
短縮 URL
0 05

露国防省のイーゴリ・コナシェンコフ報道官は、米国防総省はロシアのショイグ国防相からの中距離核戦力全廃条約(INF)の順守問題を話し合おうとする提案を無視していることを明らかにした。

スプートニク日本

コナシェンコフ報道官は、ショイグ国防相は数日前、米国防総省のマティス長官に2度書簡を送ったことを明らかにした。

第1の書簡ではショイグ国防相は米国の統制下にあるシリアの地域でクルド人とアラブの対立が激化している事実に深い憂慮を示した。第2の書簡では、INFの順守基準について露米間の意見の相違を話し合う提案をしている。

コナシェンコフ報道官は書簡を送付して3日が経過したものの、米国防総省からはロシア国防省の提案に対する形式上の反応も行われてないことを明らかにしている。

関連ニュース

米国 INF離脱をNATOと協議へ WSJ報道

INF崩壊に反対の日本 だが他の選択肢はあるのか?

タグ
ミサイル, 武器・兵器, 米国防総省・ペンタゴン, セルゲイ・ショイグ, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント