15:10 2019年10月23日
ラブロフ外相:日本は第二次世界大戦の結果を考慮する用意がないことを示唆している

ラブロフ外相:日本は第二次世界大戦の結果を考慮する用意がないことを示唆している

© Sputnik / Vitaliy Belousov
政治
短縮 URL
1132
でフォローする

ロシアのラブロフ外相は、ロシアと日本の平和条約締結の見通しについて、日本はまだ第二次世界大戦の結果を考慮する用意がないことを示唆していると語った。

スプートニク日本

ロシアのラブロフ外相は、ラジオ「コムソモリスカヤ・プラウダ」の放送で、「我々が1956年の共同宣言に基づいて発言するとき、それは日本が第二次世界大戦の結果をまったく無条件に認めたことを意味する。まだ我々の日本の同僚はその用意ができていないだけでなく、それがうまくいかないことをいろいろと示唆している」と述べた。

ラブロフ外相は、1956年にソ連と日本は共同宣言に署名し、ソビエト連邦がその存在を停止した時、ロシアはソ連の唯一の後継国家として認められ、それに従いロシアはソ連のすべての義務とソ連のすべての資産を引き継いだと説明した。

ラブロフ外相は、1956年の共同宣言には「平和条約締結後、ソ連は返還ではなく親善の印、日本国民の利益、善隣関係を考慮してハボマイ群島とシコタン島を譲渡する用意がある」と記されていると強調した。

ラブロフ外相は、その後、1960年の出来事が起こったと指摘し、「日本が米国と安全保障条約を締結したとき、米国は日本の領土のどこにでも基地をおくことができるようになり、現在すでに米国は日本でグローバルミサイル防衛のアジア・セグメントを展開している」と述べた。

これに関連しラブロフ外相は、日本における米軍の軍事プレゼンスがロシアに対する深刻な脅威の性質を有している観点から、1960年の出来事を無視してはならないと強調した。

ラブロフ外相は「我々はこれを日本の私たちの同僚にすべて簡明に伝えた。彼らからの反応を待っている」と締めくくった。

関連ニュース・記事

タグ
露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント