04:20 2019年07月16日
国連総会、クリミア軍事化に関するウクライナの決議案を採択

国連総会、クリミア軍事化に関するウクライナの決議案を採択

© Sputnik / Aleksey Malgavko
政治
短縮 URL
0 211

国連総会は、ウクライナが提案した「クリミアとセヴァストポリ及び黒海とアゾフの海の軍事化」に関する決議案を採択した。反ロシア決議案には、66カ国が賛成、19カ国が反対、72カ国が棄権した。

スプートニク日本

決議では「占領国としてロシア連邦が着々と進めるクリミアの軍事化、並びに黒海とアゾフ海の状況に関連した深刻な懸念」が述べられている。

また、クリミアで行われている「ロシア軍の多数の軍事演習」が「地域の安全保障を損ない、環境にとって重大で長期的な否定的影響を引き起こす」可能性があるとの懸念も表明された。

ロシアでは、同決議が採択されたのは残念だとの反応が示された。ロシアのポリャンスキー国連次席大使はツイッターで「NATOやEU加盟国をはじめとした国連加盟国のグループは、ウクライナが西側の政治的野心のために新たな犯罪や挑発行為を行うことを奨励している」と指摘した。

関連ニュース

​拘束中のウクライナ人船員を領事が訪問 「故郷に帰りたがっている」

ポロシェンコ大統領、ウクライナ国内のロシア勢力排除を検討 強制解雇も辞さず

タグ
欧州連合, ウクライナ, クリミア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント