20:08 2019年04月25日
1960年のクリル関連対米交渉資料、日本で機密解除

1960年のクリル関連対米交渉資料、日本で機密解除

© Sputnik / Andrei Shapran
政治
短縮 URL
341

クリル諸島(千島列島)に関する米国との交渉について1960年に作成された資料について、日本の外務省が機密指定を解除した。

スプートニク日本

この資料からは、当時首相だった岸信介氏が、アイゼンハワー米大統領との会談を前に、南クリル諸島(北方四島)の4島ではなく2島のみをソ連から受け取ることに日本が同意する可能性の論議に向けて準備していたことが分かる。

その論拠として挙げられているのは、クナシル島(国後島)とイトゥルップ島(択捉島)に関連するある種の潜在的可能性をソ連が認めるとの条件、及び周辺海域における安全な漁業の保証が確保されるとの条件が満たされた場合、ハボマイ諸島(歯舞群島)とシコタン島(色丹島)の返還に同意するよう求める日本の漁業者らによる要求。

関連ニュース

ラブロフ外相:日本は第二次世界大戦の結果を考慮する用意がないことを示唆している

タグ
露米関係, 露日関係, クリル諸島, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント