00:17 2020年12月01日
政治
短縮 URL
0 170
でフォローする

日本時間20日18時、ロシアのプーチン大統領は恒例の大型記者会見を開く。同記者会見は、プーチン大統領が今年5月に新たな任期に入ってからは初めて、1回目が実施された2001年からは14回目となる。

ペスコフ大統領報道官は「同記者会見の主な課題は、連邦、地域、あるいは外国のジャーナリストと国家元首とのコンタクトの障壁を取り除くことだ」と説明した。

今回の記者会見では、経済問題や、露米関係を含む国際問題が主要テーマとなる。

ニュースメッセージ
  • 22:03
    プーチン大統領の第14回大型記者会見
    © Sputnik / Alexey Kudenko
  • 22:00

    記者会見、終了

  • 21:52

    ユーロニュース:ロシアがケルチ海峡周辺の海域を強化しているという報道があった。

    それはなぜか?ロシアはアゾフ海をロシアのものだと宣言する用意があるのか?

    プーチン大統領は、クリミアの住民がロシアとの再統一を支持したため、当局は同地域の安全を強化していると述べ、「我々はそこに余計なものをつくるつもりはない」と語った。

  • 21:46
    プーチン大統領の第14回大型記者会見
    © Sputnik / Natalya Seliverstova
    プーチン大統領の第14回大型記者会見
    © Sputnik / Evgeny Biyatov
  • 21:41

    プーチン大統領、ロシアにとって重要な2018年の出来事を2つ挙げる

    プーチン大統領は、ロシアにとって重要な2018年の出来事は、大統領選挙とサッカーW杯だとの考えを表した。

    おそロシアのイメージチェンジ:日本人記者、サッカーW杯ロシア大会の感想を語る

    おそロシアのイメージチェンジ:日本人記者、サッカーW杯ロシア大会の感想を語る

    W杯観戦のためロシアを訪れた日本人サポーターの多くは渡航前、「おそロシア」な国に恐怖を感じていた。スプートニクのインタビューで、ある日本の大手メディアの記者は、「日本人はロシアに対して怖いイメージを持っているんです」と打ち明けてくれた。ロシアに関するステレオタイプはどの程度本当なのか?モスクワのタクシー運転手はパンツを見せたがっている?詳しくはこの記事をお読み下さい!
    続きを読む
  • 21:30

    「ドーピングはあった」

    プーチン大統領はロシア制裁についての質問に、「ドーピングはあった」と答えた。

    ドーピング

    ロシア・スポーツ界のドーピングスキャンダル

    続きを読む

    大統領は、そのような薬物使用の事実があったため、それを認める必要があるとし、ロシアはまだおそらく100%そこから脱することができずにいるが、大規模な作業が行われ、今後も続けられると述べた。

  • 21:22
    プーチン大統領の第14回大型記者会見
    © Sputnik / Mikhael Klimentyev
  • 21:18

    プーチン大統は、「ロシアの脅威」とは、西側社会に内部問題の解決を押し付けているお決まりのフレーズだと考えている。

    米国

    米紙、米存続に対する最大の脅威を名指す

    米国の主な存続の危機は米メディアが主張するようなロシアではなく、中国から来ていると、米紙ワシントン・タイムズにトッド・ウッド氏が記事を寄稿した。
    続きを読む
  • 21:12

    世界制覇達成に関する質問

    プーチン大統領は、世界制覇達成の試みに関する質問に対し、「我々はそれを行おうとしている本部がどこにあるのか知っている」と答えた。

    露国防省

    露国防省、露米の軍事研究開発費を比較

    米国の来年2019年の軍事研究開発費は、ロシアの約35倍となる。ロシア国防省が発表した。
    続きを読む
  • 21:04

    ドルはロシアから去るというプーチン大統領の発言について質問:それによるロシアにとってのプラスとマイナスは?新たな通貨が現れるのか?

    ATM

    米制裁からの離脱は世界的トレンドになるか?

    国際政治の場で、いわゆる対米「不従順の祭典」が形成されている。トランプ米大統領の政策の敵国だけでなく、同盟国も米国の制裁を無視している。これは、イランとの協力、ロシア産ガスの欧州、トルコ、中国への供給、ロシア製兵器の購入のことだ。直近の例はインドだ。米国の警告に反し、インドは10月5日、地対空ミサイルS400「トリウームフ」を購入する数十億ドルの契約をロシアと締結した。
    続きを読む

    プーチン大統領は、国際通貨基金のデータによると世界のドル建ての決済は減少したと指摘した。なお、ロシアがドルを放棄するという噂は否定した。

  • 21:00

    プーチン大統領は、年金制度の変更について批判を受ける用意ができていた

    プーチン大統領は、労働者人口と非労働者人口の比率が変わったと述べ、いずれにせよ5年から7年後には年金受給者年齢を大幅に引き上げることになり、その時は、もう特恵は維持できないと指摘した。

    ポクロンスカヤ氏

    ポクロンスカヤ氏、ロシアの年金改革に与党から唯一反対

    ロシア下院(国家会議)で19日、年金法を改正する法律案の第1読会が行われ、賛成多数で可決された。与党から反対したのは、ナタリア・ポクロンスカヤ氏だけだった。
    続きを読む
    プーチン大統領が緩和を提案

    露政府の年金改革案 プーチン大統領が緩和を提案 女性は受給開始を60歳に

    プーチン大統領は先にロシア政府が表したロシアの年金改革の緩和を発表した。年金改革についてのプーチン大統領の提案の重要点について、かいつまんだ説明をスプートニクが試みる。
    続きを読む
    ロシアの大都市で年金改革に反対する集会が開かれる
    © Sputnik / Varvara Gert'e
  • 20:29

    プーチン大統領は英国の状況に関する質問に、「Brexitは世界経済全体に影響を与える」と答えた

    プーチン大統領は、「Brexitについては英国自身が決めればいいことであり、これは我々の問題ではない。そうでなければ、また我々は何かで非難されることになる」と述べた。

    Vote leave supporters wave Union flags, following the result of the EU referendum, outside Downing Street in London, Britain June 24, 2016.

    Brexit: 英国のEU離脱

    続きを読む
    Brexit
    © Sputnik / Aleksey Filippov
  • 20:12

    「黄色いベスト運動」についての質問:大統領はこのフランスでの抗議運動をどのように評価しているか?

    黄色いベスト運動

    黄色いベスト運動

    続きを読む

    プーチン大統領は、フランスでは当局が意図的にガソリン価格を引き上げ、その資金を代替エネルギー源の開発に充てようとしたが、これに人々は納得できなかったと指摘した。一方プーチン大統領は、フランス当局の行動を評価するのは粗野なことだと述べた。

    パリにあるデモ

    パリ シャンゼリゼ通りで警察が「黄色いベスト」に催涙スプレー

    フランス警察はシャンゼリゼ通りに集まった抗議デモ「黄色のベスト」を散会させるために、催涙スプレーの入った手りゅう弾を積極的に使用し始めた。
    続きを読む
  • 20:07
    プーチン大統領の第14回大型記者会見
    © Sputnik / Natalia Seliverstova
  • 19:57

    プーチン大統領のプライベートについて質問:いつ、誰と結婚しますか?

    プーチン大統領(アーカイブ写真)
    © Sputnik / Aleksej Druzhinin

    プーチン大統領は、きちんとした人間として、いつかは結婚しなければならないと述べ、笑顔を見せた。だが、結婚相手は明らかにしなかった。

  • 19:52

    シカゴ・トリビューンが、シリアからの米軍撤退に関する質問

    プーチン大統領は、ロシアで活動が禁止されているダーイシュ(IS、イスラム国)に米国が勝ったというトランプ大統領の声明をどのように考えているのか?

    シリアへのロシア作戦参加から1年、テロ闘争は今なお続く

    シリアへのロシア作戦参加から1年、テロ闘争は今なお続く

    続きを読む
    ナショナル・インタレスト誌、シリアにおける米国の失敗について語る

    ナショナル・インタレスト誌、シリアにおける米国の失敗について語る

    米国の雑誌ナショナル・インタレストのコラムニスト、ダグ・バンドウ氏は、シリアのアサド大統領を脅かすものはもう何もなく、米国はシリアに対する軍事介入を止めるべきだとの考えを表している。
    続きを読む

    プーチン大統領は、米国がテロリストの壊滅に貢献したことについてトランプ大統領に同意を示し、また同時にロシアも武装勢力に打撃を与えたことに言及した。

  • 19:38

    ロシアのゴミ処理問題の質問に対し、プーチン大統領は日本を例に挙げ

    プーチン大統領は「東京にはゴミ処理施設が町の中心部にあるが、臭いは一切ない!」と述べた。

    ゴミ

    ゴミ再生 ソ連の経験から日本の技術まで

    ごみを出さない運動を世界的に展開している「 ゼロ・ウェイスト・ライフスタイル」の設立者、ベア・ジョンソンさんがカリフォルニアからロシアへやってきた。ベアさんはこの運動を10年前に開始。徹底的にエコ循環を追求し、家族の出すゴミの量を最小限度にまで抑え、とうとう年間で1リットルビン1本分たらずというところまで到達した。ベアさんはロシア人を前に暮らしの中で出されるゴミをどうしたら最小化できるかを語った。
    続きを読む
    ロシアはゴミと日本式に戦う!

    ロシアはゴミと日本式に戦う!

    ロシアでは、今年をエコロジー年とすることが宣言された。計画では、2940億ルーブルもの資金が用意され、環境保護に関連した600もの様々な行事が行われる見込みだ。その中には、ロシアが抱える最も差し迫ったエコロジー問題の一つ、ゴミ処理問題の解決も含まれている。ロシア国内では、200ものゴミ処理工場が稼働しているが、そこで処理されるのは全廃棄物の7.5%に過ぎない。
    続きを読む
  • 19:33
    プーチン大統領の記者会見を見ている女性
    © Sputnik / Said Tsarnaev
    プーチン大統領の第14回大型記者会見
    © Sputnik / Iliya Pitalev
  • 19:16

    プーチン大統領は、米国のMD(ミサイル防衛システム)は攻撃システムと同期して機能していると強調し、ロシアはこの問題についていかなる幻想も抱いていないと述べた。

    一方、プーチン大統領は、我々は引き続き平和条約締結を目指すと語った。

    日露交流年の記念切手、日本とロシアで同時発売!ロシアを象徴する花とは一体何なのか?

    露日交流年

    続きを読む
  • 19:01

    共同通信の記者が、平和条約に関する質問

    プーチン大統領は、日本における米国のMD配備について「これは防衛兵器ではない」と述べた。

    沖縄

    沖縄の基地反対運動:軍国主義の高揚に反する戦い、そして安全で安心な生活への願い

    2月1日、沖縄県議会は、在沖米軍が関与する数々の不祥事を受けて、米軍普天間基地の使用を即時中止するよう求める抗議決議を全会一致で可決した。その少し前、スプートニク特派員は沖縄を訪問し、取材を行なった。基地反対運動をする人々は何を要求しているのか、沖縄県は何をアメリカに求めているのか、沖縄の人々の気持ちはどうなのか。米国は北朝鮮の脅威から日本を守ってくれる存在?米兵の飲酒運転が多くて辟易している?それとも、定期的に落ちてくるヘリや部品にうんざり?果たして住民の中で、どの感情が勝っているのだろうか。
    続きを読む
    沖縄でプロテスト
    © 写真 : Sputnik / Anastasia Fedotova
    沖縄でプロテスト
    © 写真 : Sputnik / Anastasia Fedotova
  • 18:56

    プーチン大統領は、ウクライナの国旗を持つ記者に気づく。質問は、ケルチ海峡での出来事だった

    ケルチ海峡

    ロシア、ウクライナ間でなぜアゾフ海の紛争が起きたのか ポロシェンコはなぜ戒厳令を発令したのか

    ケルチ海峡でのロシアとウクライナ間で発生した事態はポロシェンコ大統領による戒厳令の発令にまで発展した。紛争発生の原因及びその結果について、スプートニクが読み解く。
    続きを読む
    ケルチ海峡の地図
    © Sputnik / Kristina Savitskaya

    プーチン大統領は、黒海での出来事は挑発行為だったと強調し、「挑発は常に悪いものであり、状況の悪化を念頭に置いている。ウクライナでは選挙(が予定されているため)現政権の支持率を高める必要がある。だがこれは国民の利益を損なう。ポロシェンコ大統領の支持率は、5番目から2番目に上がった。彼は自分の任務を国益を犠牲にして果たした」と述べた。

  • 18:50

    プーチン大統領は、我々は兵器抑止に関する国際的なシステムの崩壊を注視していると述べ、米国のABM条約からの脱退について言及し、これを受けてロシアは自国の兵器を近代化することになったと述べた。

    ソ連ミサイルの破壊、1987年(アーカイブ写真)

    INF崩壊に反対の日本 だが他の選択肢はあるのか?

    米国が中距離核戦力全廃条約(INF)からの離脱を決意した後、ドイツのハイコ・マース外相はシュピーゲル誌に論説を発表し、兵器管理体制の刷新を提案した。マース独外相は中距離核戦力全廃条約を保持し、米国、欧州、ロシア間での軍備に関するデーターの交換の実践に立ち戻り、弾道、巡航ミサイルにとっての機密のない体制を確立し、戦闘ロボットを禁じ、中国のミサイルプログラムの透明性を拡大するよう意見のすり合わせを図るよう呼びかけた。とはいえ安全保障の問題は上記に列挙しただけでは終わらない。
    続きを読む

    プーチン大統領は、核戦争はすべての文明の死につながる恐れがあるため、核戦争の危険性を過小評価していないと指摘した。

  • 18:41

    核戦争脅威に関する質問

    大統領は、核戦争の脅威はないと述べてロシア人を安心させることはできるか?

    核のごまかし 20世紀の核兵器プロパガンダはどのように行われたのか

    20世紀の核兵器プロパガンダはどのように行われたのか

    核兵器のプロパガンダ。現在なら、こんな馬鹿げたことはないと思わない人はいないだろう。現代世界にとって幸いなのは、誰もが「核ゲーム」のもたらす影響を理解していることだ。しかし、いつもこうだったわけではない。
    続きを読む
  • 18:32
    プーチン大統領
    © Sputnik / Alexei Kudenko
  • 18:19

    プーチン大統領は、ロシア人の平均寿命が延びたことを指摘。2017年の平均寿命は72.7歳、2018年は72.9歳までのびた。

    テニス(アーカイブ写真)

    最も長寿を促進するスポーツが発表される

    定期的にテニスをしていると、寿命が約10年延びる可能性がある。専門家らによると、テニスはジョギング、サイクリング、水泳よりも優れている。すべてはテニスの社会的な側面にあり、それは約8600人を対象にした調査によって証明されている。
    続きを読む
  • 18:15

    プーチン大統領が会場に姿を現し、記者会見の中継が始まった

    現在、大統領は今年のロシア経済を総括している。

    プーチン大統領は「GDPの成長率は1.7%。国民の実質所得の伸び率は0.5%」と発表した。

  • 18:05

    記者会見にアクレディテーション申請した記者は1702人と記録的な数字

    一方、会場の座席は904席。残りの記者は立つことになる。

    プーチン大統領の記者会見
  • 18:01

    日本のジャーナリストは、露日平和条約締結問題を気にかけている

    クリル列島

    南クリル諸島:不和あるいは協力の島?

    続きを読む
  • 17:54

    プーチン大統領の記者会見まであと数分

    会場ではほぼ全ての席が埋まった。

    プーチン大統領の記者会見
    © Sputnik / Evgenii Biyatov
ライブ
プーチン大統領の第14回大型記者会見
+
タグ
ウラジーミル・プーチン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント