22:04 2019年09月18日
ペスコフ大統領報道官:米国はウクライナに多額の資金を投資したため、ポロシェンコ大統領の面倒をみなければならない

ペスコフ大統領報道官:米国はウクライナに多額の資金を投資したため、ポロシェンコ大統領の面倒をみなければならない

© Sputnik / Alexey Vitvitsky
政治
短縮 URL
160
でフォローする

ロシアのペスコフ大統領報道官は、ロシアの国営テレビ局第1チャンネルの番組で、米国はウクライナに多額の資金を投資しため、選挙におけるポロシェンコ大統領の立場が弱いとしても、同氏の面倒をみなければならないとの考えを示した。

スプートニク日本

ペスコフ氏は「残念ながら、米国は選挙におけるポロシェンコ氏の立場がかなり弱いとしても同氏の面倒をみなければならない。あまりにも多額の資金がウクライナに投資され、このクーデターを正当化するためにあまりにも多額の資金が投資された」と述べた。

ペスコフ氏は、これは元を取らなければならなかったようだが「あまり上手くいっていないため、全力で状況を救う必要がある。ここから、まったく前例のない現象が起こっている」と述べた。
2014年2月、ウクライナでクーデターが発生した。ウクライナ議会は当時のヤヌコーヴィチ大統領の解任を議決、その後、ポロシェンコ氏が大統領に選ばれた。

関連ニュース
ポロシェンコ大統領、ウクライナ国内のロシア勢力排除を検討 強制解雇も辞さず

国連総会、クリミア軍事化に関するウクライナの決議案を採択

タグ
ウクライナ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント