06:30 2019年11月18日
ポロシェンコ大統領

ウクライナ大統領、戒厳令の効力停止を発表

© Sputnik / President of the Ukraine Press-Service
政治
短縮 URL
0 20
でフォローする

先月26日にウクライナの10州において30日間の予定で導入されていた戒厳令について、ウクライナのポロシェンコ大統領は26日、現地時間の14時から効力が停止したと発表した。同国の国家安全保障・国防会議で述べた。

スプートニク日本

インタファクス通信は、「あなた方の前で正直に言おう。もし仮に選挙が予定されていなければ、我々は最高会議(議会)に対して、この戒厳令を継続するよう求めていただろう」とのポロシェンコ大統領による発言を引用している。大統領によれば、ロシアによる脅威は「どこへも消えていない」という。

ウクライナは今回の戒厳令の一環として、年齢が16~60歳の男性のロシア国民によるウクライナへの入国に対して制限を導入していた。

ロシア連邦保安庁は11月25日午前、3隻のウクライナ船がロシア側に航行の許可を得ずにケルチ海峡に向かい、領海に侵入したと発表した。

ロシア保安庁沿岸警備隊とロシア黒海艦隊の艦船がウクライナ艦船に対し、合法的な停止命令を行った。ところがウクライナ艦船はこれに反応せず、航行を続けたため、ロシア側は違反船舶の強制停止のため、武器を用いた。

ウクライナ海軍の兵士3人が軽傷を負い、治療を受けた。艦船は拿捕された。ロシア大統領府はこの事件を「非常に危険な挑発行為」だと呼んでいる。

ウクライナのポロシェンコ大統領は、黒海での出来事を受けて国内で戒厳令を発令する大統領令に署名した。

関連ニュース

国連総会、クリミア軍事化に関するウクライナの決議案を採択

ペスコフ大統領報道官:米国はウクライナに多額の資金を投資したため、ポロシェンコ大統領の面倒をみなければならない

タグ
軍事, 武器・兵器, ペトロ・ポロシェンコ, ロシア, ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント