22:10 2019年04月26日
ロシア極超音速ミサイル「アバンガルド」、米国内に「パニック」引き起こす=独紙

ロシア極超音速ミサイル「アバンガルド」、米国内に「パニック」引き起こす=独紙

© 写真: Ministry of Defence of the Russian Federation
政治
短縮 URL
2146

独紙ディ・ヴェルトは、ロシアの極超音速予定巡航戦闘ブロックを搭載する「アバンガルド」システムを、「ロシア人に対するお年玉」だと名指した。同紙は、このミサイルが米軍を神経質にさせていると指摘する。

スプートニク日本

「アバンガルド」の発射
© Sputnik / The Ministry of Defence of the Russian Federation
同紙は、米国がもはや「圧力下で行動する」ことを強いられていると強調する。11月初め、米国防総省は極超音速兵器迎撃システム「グライドブレイカープログラム」製造計画を立ち上げ、防衛産業企業に向けて緊急入札を発表した。企業は「大気上層で極超音速予定巡航戦闘ブロックを搭載するミサイル迎撃のためのミサイル防衛(MD)システム」の案を提出する必要がある。

ディ・ヴェルト紙は、アバンガルドが米レーダーに特に深刻な脅威をもたらすのは速度でも機動性でもなく、ステルス性だと結論付ける。特に太平洋沖の防衛が困難になる。

ロシア国防省は26日、プーチン大統領の指示を受け、滑空巡航弾頭を備えたミサイルシステム「アヴァンガルド」の発射実験を行い、成功した

タグ
武器・兵器, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント