21:27 2019年10月15日
イスラエル 米国の圧力に屈し、クロアチア向けF-16供給を破棄

イスラエル 米国の圧力に屈し、クロアチア向けF-16供給を破棄

© AFP 2019 / Jack Gues
政治
短縮 URL
0 52
でフォローする

イスラエルはクロアチアに対し、米国の姿勢が理由となりF-16戦闘機の供給契約が履行できないことを公式的に通達した。クロアチア国防省が明らかにした。

スプートニク日本

2018年3月、クロアチアは、好条件での戦闘機売却のコンクールにイスラエルが勝ち残ったことを明らかにしていた。この結果、クロアチアは中古のF-16戦闘機「バラク」12機をおよそ5億ドルで購入することになっていた。戦闘機は中古といえども刷新され、兵器も装備されたもので、クロアチアはさらに飛行シュミレーター2基を購入し、軍事パイロット、航空技師は必要なトレーニングを受ける手はずになっていた。

ところがクロアチアが「今世紀最大の取引」と呼んでいたこの供給に最終的に米国がストップをかけた。クロアチアが購入するはずだった戦闘機F-16にはイスラエル開発のアビオニクスの刷新バージョンが搭載されているはずだった。米国はこの供給に断固として反対。米国はF-16の刷新バージョンに関しては売る構えにないというのがその理由だった。クロアチアが購入を予定していた中古のF-16は、かなり以前に旧弊になっていたソ連製のミグ21と入れ替えられるはずだった。

タグ
武器・兵器, アメリカ軍, クロアチア, イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント