19:02 2019年06月24日
ボルトン補佐官

米、ベネズエラ・マドゥロ大統領の再任認めず

© AP Photo / Andrew Harnik
政治
短縮 URL
1211

ベネズエラでマドゥロ大統領の再任を受けて、ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は、米国が正当性を認めず、政権へ最大限に圧力をかけていくと述べた。

スプートニク日本

「米国はベネズエラの独裁者、ニコラス・マドゥロの権力への違法な主張を認めない。2018年5月の彼の『選挙』は世界的に自由ではなく、公正でも信頼のおけるものでもないと見られた」とボルトン氏は表明した。

ボルトン氏は「自由に指導者を選ぶことを声高に要求する全ベネズエラ国民の安全に大使、違法なマドゥロ政権は直接責任を負うと我々は考える。我々は米国の経済力と外交力を最大限に利用し、ベネズエラの民主主義の回復を求め続けていく」と続けた。

マドゥロ氏は10日、国内の政治経済的危機の最中、2期目の就任式を行った。マドゥロ氏は米国を始めとする複数の諸国がベネズエラに経済戦争を起こしていると非難している。

関連ニュース

マドゥロ大統領:米国がベネズエラでクーデターを準備している

マドゥロ大統領、国民議会の新議長を米国の回し者と呼ぶ

タグ
スキャンダル, 選挙, ベネズエラ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント