02:52 2020年10月29日
政治
短縮 URL
0 61
でフォローする

ロシア通信監督庁の広報部は、BBCのインターネットリソースに国際テロ組織の志向を示す箇所が発見されたことを明らかにした。

スプートニク日本

ロシア通信監督庁が問題視しているのは、ロシアで禁止されているテロリストグループ「ダーイッシュ(ISIS)」のリーダー・バグダディ容疑者のコメント。ロシアの現行法に照らした場合、ロシア最高検察庁は、急進主義活動への呼びかけを拡散するサイトをブロックする権利を持つ。

ロシア通信監督庁は英国に対し、発見された資料がロシアの反急進主義法の規範に沿うものであるか。現在確認中であると通達した。

またロシア通信監督庁は、外国組織からのロシアメディアの管理制限に関して、法の遵守を確認する文書も要求している。

ロシア通信監督庁は、2018年12月末にBBCのウェブサイトのチェックを開始した。同庁はこの調査について、英国情報通信庁(Ofcom)がロシアのRTテレビを英国の放送規則に違反したとして非難した行為と関連させている。ロシア外務省のザハロワ公式報道官は、ロシアは英国に対し、ロシアメディアへの制裁の対価として、同様の報復を行う恐れがあると繰り返し警告してきたことを強調した。

タグ
ISIS, ロシア, 英国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント