22:29 2019年07月19日
ラブロフ外相と河野太郎外相

ラブロフ外相 日本とのビザ免除制度、完全移行に向け「いかなる障害もない」

© Sputnik / Евгений Биятов
政治
短縮 URL
2142

ロシアのラブロフ外相は、同国と日本の間のビザ免除制度について、サハリン州と北海道の住民によるビザなし訪問から開始したうえで、両国がビザ免除制度に移行することは可能だろうと述べた。

スプートニク日本

ラブロフ外相は、「我々は、ロシアと日本がビザ免除制度に移行できないとするいかなる理由も存在しないと考えている。例えば、サハリン州と北海道の住民のためのビザなし訪問から始めるという考えがある」と述べた。

また、ラブロフ外相は、14日に行われた日本の河野外相との交渉結果に関する記者会見で、「我々は(日本側の)同僚らに対し、ロシアが最近の数年間で数多くのイニシアティブを提案したことについて注意を促した。これらのイニシアティブは、ビジネスマンや観光客、スポーツ・文化交流の参加者といった一連のカテゴリーの市民のために渡航制度を自由化するということを目的とし、全体としてはビザ免除制度の導入まで視野に入れたものだ。これは、我々の世界的規模での目標だ」と発言した。

関連ニュース

ラブロフ外相 露日には依然「本質的な意見相違」 平和条約の議題で

ラブロフ、河野・露日外相 平和条約問題交渉を開始

タグ
露日経済協力, 河野太郎, セルゲイ・ラブロフ, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント