00:55 2019年02月24日
プーチン大統領

プーチン大統領、NATO拡大の動きを批判

© Sputnik / Alexey Kudenko
政治
短縮 URL
1131

ウラジーミル・プーチン露大統領は16日、北大西洋条約機構(NATO)のバルカン半島におけるプレゼンスの高まりは欧州の安全保障上の脅威になるとの見方を示した。

スプートニク日本

セルビア訪問を控えたプーチン大統領は同国メディアのインタビューに応じ、「われわれはNATOの拡大路線が『冷戦時代の遺産』で、間違った軍事戦略であると何度も表明してきた」と述べた上で、NATO拡大の動きは欧州の安全保障を弱体化させるだけでなく、同地域に対する信頼の喪失と緊張をもたらすと批判した。

プーチン大統領のセルビア訪問が今年1月に予定されている。ロシアは近年、バルカン半島にみるNATOおよび欧州連合(EU)の東方拡大を背景として、旧ユーゴスラビアのセルビアに急接近する動きをみせている。ロシアはベラルーシ、セルビアと合同軍事演習「スラブの絆」を実施するなどして、軍事面での協力関係を強化している。

関連ニュース

トランプ氏、NATO離脱に何度も言及していた

露外務省、NATOが世界規模の嘘をついたと非難

タグ
軍事, 軍事演習, 戦争・紛争・対立・外交, NATO, ウラジーミル・プーチン, セルビア, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント