07:40 2020年09月27日
政治
短縮 URL
0 11
でフォローする

新興5カ国(BRICS)の駐露大使はロシア外務省で行われた中距離核戦力(INF)全廃条約に関する非公開ブリーフィングに訪れた。RIAノーボスチ特派員が伝える。

スプートニク日本

中国、南アフリカ共和国、インド、ブラジルの大使はブリーフィングに関するコメントを控えた。

ロシア外務省は、今月18日にINF全廃条約の今後とミサイル「9M729」(SSC-8)に関する状況についての非公開ブリーフィングを行う方針だと発表した。EU、英国、ドイツ、ギリシャ、スウェーデン、フランスは担当者が参加すると明らかにしている。米国も招待を受けている。

露米政府は近年、定期的に互いをINF全廃条約違反で非難している。ロシアは条約を固く遵守していると繰り返し主張している。ロシアのラブロフ外相は、米国に対して米国の条約遵守に関する非常に深刻な質問があると述べた。

タグ
ミサイル, 武器・兵器, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント