18:13 2019年02月22日
極超音速ミサイル「キンジャール」

米誌、INF全廃条約破棄の危険性を指摘

© 写真 : The Ministry of Defence of the Russian Federation
政治
短縮 URL
0 21

ドナルド・トランプ米大統領は昨年10月、米国が1987年に旧ソ連と締結した中距離核戦力(INF)全廃条約からの離脱を表明した。この問題について、米外交専門誌「フォーリン・ポリシー」はロシアが保有するミサイル兵器には核兵器以上の「殺傷能力」があるとの見方を示した。

スプートニク日本

同誌によると、INF全廃条約破棄により国益を損ねる恐れがあるのは米国で、ロシアはそれにより「大きな利益」を享受することができる。

同誌はまた、ロシアには核戦力を増強させる必要がない上、当該条約の枠組みから外れることにより地上発射型の新たなミサイルを展開することができるとし、その危険性を指摘している。

アントニオ・グテレス国連事務総長は露米両国に当該条約を巡る対話を継続するよう要請している。

関連ニュース

露外務省 米による非難は「フェイク」 INF条約めぐり

ロシア安保会議書記 米国からのINF違反非難に理論立てて反論

タグ
核兵器, ミサイル, 戦争・紛争・対立・外交, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント