00:14 2019年04月25日
アラブ連盟加盟国(アーカイブ写真)

アラブ連盟、3月にもシリアの復帰を検討

© East News / Ahmed Gomaa
政治
短縮 URL
1101

アラブ連盟は3月に会合を開き、シリアの連盟復帰を検討する。チュニジアのマイエス・ジヒナウイ外相がロシアのラブロフ外相との会談を終え、ロシアメディアの質問に答えた。

スプートニク日本

「そこで決定が下される可能性がある。シリアがアラブ連盟に復帰するかもしれない。連盟指導部自らがシリアの加盟権を一時凍結していた」とジヒナウイ外相は述べた。

ラブロフ外相は、ロシア政府がシリアの復帰に賛成だと強調した。

「私たちは、アラブファミリー、アラブ連盟へのシリア復帰プロセスをチュニジアに支持して欲しい。3月にはここでアラブ連盟の会合が再び行われるならなおさらだ」とラブロフ外相は指摘した。

アラブ連盟は2011年11月にシリアの加盟権を一時凍結した。当時、政府からデモ参加者への攻撃が容認されるものではないと見なされたためだ。

関連ニュース

タグ
戦争・紛争・対立・外交, アラブ連盟, セルゲイ・ラブロフ, ロシア, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント