15:10 2019年05月23日
マドゥロ大統領(アーカイブ写真)

マドゥロ大統領 国際仲介者参加なら「野党と交渉テーブルにつく用意」

© Sputnik / Ruslan Krivobok
政治
短縮 URL
ベネズエラの政変 (90)
271

ベネズエラのマドゥロ大統領が、スプートニクとのインタビューで、国際的な仲介者が参加するのであれば、自らが野党との交渉のテーブルにつく用意があると述べた。

スプートニク日本

マドゥロ大統領は、「ベネズエラのために、平和と国の未来のために話し合うことを目的に、野党との交渉のテーブルにつく用意が私にはある」と述べている。

また、マドゥロ大統領は、国際的な仲介者を招く可能性について言及し、「ベネズエラで起きている出来事に対して、誠意ある憂慮を示している政府や組織は世界にいくつかあり、それらの政府や組織は対話を呼びかけている」と指摘。「それらの政府や組織がベネズエラにおける対話を支持する」ことを大統領自らが望んでいるとした。

2019年1月23日深夜から翌24日にかけて、ベネズエラではクーデターが試みられた。 ベネズエラ野党の指導者、フアン・グアイド国会議長はカラカスの路上で何万人もの支持者を前に集会を行った。米国は、ニコラス・マドゥロ大統領に対する反対運動のリーダーとなった、つい最近までほとんど世界に知られていなかった35歳のグアイド国会議長を支持している。カラカスでの反体制派によるデモンストレーションは、1958年に独裁者のマルコス・ペレス・ヒメネスがその座を追われた日にあわせて行なわれた。

トピック
ベネズエラの政変 (90)
タグ
ベネズエラ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント