03:22 2019年02月23日
F-35

米F35B戦闘機は極めて短命

© REUTERS /
政治
短縮 URL
1143

米国防総省は第5世代米戦闘機F35に重大な問題を発見した。米誌ナショナル・インタレストが同省の報告書に基づき報じた。

スプートニク日本

実験過程で垂直離着陸機F35Bの耐用時間はわずか2100飛行時間であり、これは期待される保障時間、8000時間の約4分の1だと結論付けた。

つまり、およそ1機1億ドル(約110億円)のF35Bの一部は2026年には退役する。

また、F35A内蔵の機関銃の精度も技術基準を満たしていないと指摘された。

関連ニュース

ロイター:日本は中露に対抗するため米戦闘機をさらに購入へ

F-35が原因で英米関係にダメージの恐れ

タグ
軍事, 武器・兵器, ドイツ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント