22:58 2019年08月17日
マドゥロ大統領

マドゥロ氏、ベネズエラでの選挙実施に関するEU諸国の最後通告を再び拒否

© AP Photo / Ariana Cubillos
政治
短縮 URL
ベネズエラの政変 (93)
161

ベネズエラのマドゥロ大統領は、同国での大統領選実施を求めた複数の欧州諸国の最後通告を再び拒否した。

スプートニク日本

1月26日、ドイツ、フランス、スペイン、またその後、英国とオランダは、8日以内に選挙の実施を表明しなければベネズエラのグアイド国会議長を暫定大統領として承認するとの最後通告を行った。それから間もなく、EUのモゲリーニ外交安全保障上級代表は、EUを代表して同様の立場を表した。最後通告は3日に期限を迎えた。

マドゥロ大統領は、スペインのテレビLa Sextaのインタビューで「われわれは誰からの最終通告も受け入れない。これは私が欧州連合に『カタルーニャ共和国を承認するためにみなさんに7日間を与える。さもなければ、われわれは対策を講じる』と言いうのと同じことだ」と述べた。

マドゥロ大統領は、米国のベネズエラに対する「優位政策」は「新たな冷戦における重要な目標」だとの考えを表し、同政策に従っているとしてEU諸国を非難した。
またマドゥロ氏はベネズエラについて、米国が欧州の主要な大国や最近形成されたラテンアメリカ諸国の「右派」政府の同意を得て組織したクーデターの犠牲になったとの確信を示した。

関連ニュース

トランプ氏、ベネズエラへの米軍派遣も検討

マドゥロ大統領 国際仲介者参加なら「野党と交渉テーブルにつく用意」

トピック
ベネズエラの政変 (93)
タグ
ベネズエラ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント