00:24 2019年06月27日
ジョン・リチャードソン米海軍作戦部長 (アーカイブ写真)

米海軍制服組トップ、露中へ「攻勢」に転じるよう主張

© Flickr/ Adm. Jonathan Greenert, Chief of Naval Operations
政治
短縮 URL
5212

ジョン・リチャードソン米海軍作戦部長はロシアと中国への「攻勢」に転ずるよう米政権に呼びかけた。6日、米シンクタンク大西洋評議会のイベントで明らかにした。ビジネスインサイダーが報じた。

スプートニク日本

リチャードソン海軍大将は強まる脅威に対して米国はどう対抗すべきかとの質問に、露中への「さらに攻勢を」強めるべきだと回答。「鍵となる水路の支配を強める」ロシアへの対抗手段については、「先制攻撃の時が来た」と述べた。

その上で「私たちの初手に競争相手であるロシア人を対応するよう出来れば、素晴らしいと考えます。時折(チェス)盤の白い方でプレイする(編注:チェスでは白が先手)ことに利点がある」と続けた。

大々的に発表した新型ミサイルで米海軍艦を沈没させると最近警告した中国に関しては、リチャードソン氏は北京を最近訪れ、安定性を訴えたと指摘しつつも、「筋肉による」対応を主張した。

関連ニュース

タグ
軍事, 中国, ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント