04:05 2019年08月23日
英国海軍の空母「クイーン・エリザベス」

英国防相、ブレグジット後の英国の軍事プレゼンス拡大に意欲

© REUTERS / Russell Cheyne
政治
短縮 URL
238

英国のギャビン・ウィリアムソン国防相は日本時間11日、EU離脱(ブレグジット)後、同国が「張り子の虎」とみなされないよう国外における軍事プレゼンスを拡大させ、国際法を侵害する国々に立ち向かう準備を進める必要があるとの考えを示した。

スプートニク日本

ウィリアムソン国防相は「ブレグジットがわれわれに偉大な瞬間をもたらした。われわれが所有する兵器の殺傷性や比重を高め、英国の軍事プレゼンスを拡大させなければならない」と述べた。

ウィリアムソン国防相はまた、北大西洋条約機構(NATO)はロシアからの新たな脅威に対する準備を進め、同国からの挑発に立ち向かうべく軍の能力を高める必要があるとの考えを示した。

英国の国外における軍事プレゼンス拡大に邁進するにあたり、ウィリアムソン国防相は英米の「F-35」戦闘機を搭載した英空母「クイーン・エリザベス」を地中海、および太平洋に派遣することを視野に入れている。

関連ニュース

露、INF条約問題で日本の立場に「懸念」 2国間関係に「影響」

英国防省、冷戦時の対ロシア軍事戦略再開を検討 メディア報道

英軍参謀総長「ロシアはISIL以上に脅威だ」 ラブロフ露外相がコメント

タグ
戦争・紛争・対立・外交, 軍事, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント