00:31 2019年03月27日
ベネズエラの石油輸出に困難 米国の制裁が効果発揮 IAEレポート

ベネズエラの石油輸出に困難 米国の制裁が効果発揮 IAEレポート

© REUTERS / Isaac Urrutia
政治
短縮 URL
216

米国が1月末にベネズエラ国営石油会社に対して発動した制裁について、国際エネルギー機関(IAE)の2月のレポートは、制裁の影響ですでにベネズエラ産石油の輸出に制限が出始めていると指摘した。

スプートニク日本

IAEの専門家らは「我々にわかっているのは、おそらくこの制裁のせいですでにベネズエラ国営石油会社の輸出は困難をきたしているということだ」と書いている。

一方で原油価格はこの制裁のニュースにはほぼ反応を見せていないことについては、レポートは「数のコンテキストでは市場は対応が可能。現在、備蓄は十分にある」と指摘している。

「2019年の産油量は、米国一国だけが現在のベネズエラの産油量よりも大幅に拡大するだろう。量についてはより難しい問題だ。量がどうなるかは影響する。」

米国は1月28日、ベネズエラ国営石油会社に対する制裁発動を宣言し、同社の70億ドルの資本および米国の司法権における利益を封鎖したほか、同社との取引を禁じた。米国務省も、米国政権がベネズエラ反体制派のトップ、フアン・グアイド国会議長に対し、米国の銀行にあるベネズエラ政府の銀行口座へのアクセスを許可したことを明らかにしている。

関連ニュース

タグ
制裁, 米国, ベネズエラ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント