16:47 2019年03月23日
菅官房長官(アーカイブ)

日露外相会談では「激しいやりとりもあった」=菅官房長官

© AP Photo / Shizuo Kambayashi
政治
短縮 URL
346

日本の菅官房長官は18日の記者会見で、ドイツのミュンヘンで行われた露日外相会談について、激しいやりとりもあったが、率直な議論になったと述べた。産経新聞が報じた。

スプートニク日本

産経新聞によると、菅氏はミュンヘンで行われたロシアのラブロフ外相と日本の河野外相の会談について、「互いに国益を背負って交渉する中で激しいやりとりもあったが、胸襟を開いた率直な議論になった」と述べた。

また菅氏は外相会談について、「受け入れ可能な解決に向けて突っ込んだやりとりを行ったと報告を受けている」と述べたほか、「政府としては領土問題を解決し、平和条約を締結するという基本方針の下、引き続き粘り強く交渉していきたい」と語った。

ラブロフ外相と河野外相は16日、近くモルグロフ外務次官と森外務審議官が平和条約に関する協議を開くこと、4月2日には第1外務次官による戦略対話を行うことで一致した。
17日、河野外相は記者団に、現在ラブロフ外相の来日についても検討されていると伝えた。

関連ニュース

安倍首相:ロシアとの平和条約交渉の対象は4島の帰属の問題だという立場に変わりはない

タグ
露日関係, クリル諸島, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント