05:47 2019年07月22日
ドナルド・トランプ米大統領

トランプ大統領「米大学生死亡は北朝鮮に責任あり」

© REUTERS / Jorge Silva
政治
短縮 URL
245

ドナルド・トランプ米大統領は2日、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)から解放された直後に死亡した米国人大学生、オットー・ワームビア氏を巡り、同氏の死亡の責任が北朝鮮にあるとの見方を示した。

スプートニク日本

トランプ大統領は、「ワームビア氏に対する残虐行為、そして彼の死。私はこれらに関しての責任が北朝鮮にあると認識している。重要なのは、ワームビア氏の死が無駄ではないことだ。彼とその家族は、強い情熱と力の巨大なシンボルとなった」との考えを示した。

ワームビア氏は2016年3月、北朝鮮でホテルの政治宣伝看板を盗もうとした罪で懲役15年の判決を受けた。同国で長期にわたり拘束され、昏睡状態となっていたワームビア氏は翌年6月、米国内の病院で死亡した。

ワームビア氏についての関連ニュースはこちら

関連ニュース

米大学生の拘束後死亡で両親が北朝鮮提訴 「拷問受け殺害された」

北朝鮮、トランプ氏を「老いぼれの精神異常者」 ワームビアさん死亡にコメント

タグ
事件, 戦争・紛争・対立・外交, オットー・ワームビア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント