06:15 2019年03月22日
華為技術(ファーウェイ)

華為CFOの弁護団、カナダ政府を提訴 権利侵害訴える

© AP Photo / Mark Schiefelbein, File
政治
短縮 URL
343

中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟最高財務責任者(CFO)の弁護団が1日、同国政府、カナダ国境サービス庁(CBSA)、および王立カナダ騎馬警察(RCMP)を相手取り、カナダ・ブリティッシュコロンビア州の裁判所に訴訟を提起していたことが明らかになった。ロイター通信が伝えた。

スプートニク日本

ロイター通信によると、弁護団が提示した訴状は、孟CFOが昨年12月カナダ当局に拘束された際、CBSAの職員から所持していた電子機器およびそのパスワードを提出するよう指示されたとしている。

孟CFOの弁護団は「CBSA職員にはその権限がない」としたうえで、カナダ当局の職員による証拠入手のための手法には「権利と自由に関するカナダ憲章」に対する深刻な違反があったと主張している。

ロイター通信はまた、RCMPが孟CFOの逮捕状の執行を故意に先延ばし、違法な拘束を続けたと伝えている。

カナダ政府は1日、米国の要請で拘束した孟CFOについて、米国への身柄引き渡しに関する審理を認めると明らかにした。孟CFOは6日、カナダ・バンクーバーの裁判所で始まる審理に出廷する。

在カナダ中国大使館は、孟CFOを巡るカナダ政府の決定に遺憾を表明している。

関連ニュース

米国が排除狙うもファーウェイ、配当を増配へ

中国、米国におけるファーウェイのビジネスを圧迫しようとする試みは政治的な動機に基づいている

タグ
人権問題, 経済, 戦争・紛争・対立・外交, カナダ, 中国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント