23:29 2019年08月24日
ジョン・ボルトン米大統領補佐官

米、ベネズエラに新制裁を検討 マドゥロ政権の収入源枯渇狙い

© AP Photo / Cliff Owen
政治
短縮 URL
ベネズエラの政変 (94)
138

ジョン・ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は6日、米フォックス・ビジネス・ネットワークに出演し、ベネズエラのマドゥロ政権の収入源を絶つため、米国が同国政府に対し新たな制裁を検討していると明らかにした。

スプートニク日本

米国家安全保障会議(NSC)会合を終えたボルトン大統領補佐官は、大臣級の省庁間協議の場で、マドゥロ政権の存続に不可欠な収入源を絶つことを目的とした「新たな制裁」、および同政権への管理強化について協議が行われたと明らかにした。

ボルトン大統領補佐官はまた、「われわれは引き続き力を尽くしていく。トランプ大統領は、(ベネズエラの)ファン・グアイド暫定大統領への平和的な政権移行を目指す意向を示している」と述べたうえで、ベネズエラ国民がそれを望んでいるとの考えを示した。

関連ニュース

在ベネズエラ・ロシア大使館:グアイド氏は詐称者

米がベネズエラ侵入のためあらゆる措置取り得ると懸念=露上院議長

マドゥロ大統領、ベネズエラ国営石油会社の事務所をモスクワへ移転へ

トピック
ベネズエラの政変 (94)
タグ
戦争・紛争・対立・外交, ベネズエラ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント