02:06 2019年11月20日
メルケル首相

メルケル首相、「ロシアを挑発する」という米国の要請を拒否=ブルームバーグ

© Sputnik / Alexey Vitvitsky
政治
短縮 URL
筆者 :
2131
でフォローする

メルケル独首相は先月、ドイツの船を黒海とアゾフ海を結ぶケルチ海峡に派遣するという米国の提案を断った。通信社ブルームバーグが、両国の協議に精通した消息筋の情報をもとに報じた。

スプートニク日本

またフランスも、これは「不必要な挑発」と判断し、米国の案を拒否したという。

ブルームバーグによると、2月16日のミュンヘン安全保障会議の場でケルチ海峡への船の派遣をペンス米副大統領が要請した。消息筋は、ペンス氏はメルケル首相に、「西側の大国がこれらの水域へのアクセスを放棄しないことをプーチン大統領に示す」ために、ドイツの船をケルチ海峡経由で派遣するよう要請したと語った。

先月2月、ウクライナのポロシェンコ大統領はNATO加盟国に対し、所謂「ロシアのアグレッシブな行動」を理由に、黒海とアゾフ海におけるプレゼンスを強化するよう求めた。

ロシア連邦保安庁は11月25日午前、3隻のウクライナ船がロシア側に航行の許可を得ずにケルチ海峡に向かい、領海に侵入したと発表した。

ロシア保安庁沿岸警備隊とロシア黒海艦隊の艦船がウクライナ艦船に対し、合法的な停止命令を行った。ところがウクライナ艦船はこれに反応せず、航行を続けたため、ロシア側は違反船舶の強制停止のため、武器を用いた。

ウクライナ海軍の兵士3人が軽傷を負い、治療を受けた。艦船は拿捕された。ロシア大統領府はこの事件を「非常に危険な挑発行為」だと呼んでいる。

ウクライナのポロシェンコ大統領は、黒海での出来事を受けて国内で戒厳令を発令する大統領令に署名した。

関連ニュース

ケルチ海峡事件でウクライナが欧州人権裁判所にロシアを提訴

タグ
アンゲラ・メルケル, ウクライナ, フランス, ドイツ, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント