16:55 2019年07月18日
ロシアのショイグ国防相

ロシア、6年で高精度巡航ミサイルが30倍に

© Sputnik / Ministry of Defence of the Russian Federation
政治
短縮 URL
2122

ロシアのショイグ防衛相は下院防衛委員会拡大会合で、ロシア軍が有する高精度巡航ミサイルの数は6年間で30倍強に増えたと述べた。

スプートニク日本

ショイグ氏によると、2012〜2018年の6年でさらに、地上ないし潜水艦発射大陸間弾道ミサイルを200発以上配備した。

ロシア軍はこれに加え、ディーゼルエンジンによる通常動力型潜水艦が7隻、戦略任務ミサイル潜水原子力巡洋艦「ボレイ」3隻、宇宙機器50基超に3500台超の新型ないし改良型戦車など戦闘装甲車両を取得した。

ショイグ氏は、2千を超える最新ドローンを装備する部隊40単位ほどが形成されたと続けた。

関連ニュース

「脅威の武器」米誌、ロシア極超音速海上発射ミサイルを評価

NATOは加盟国国境付近におけるロシアによるミサイル配備に対して「連携した」対応を準備している=NATO事務総長

タグ
武器・兵器, 軍事, ロシア軍, セルゲイ・ショイグ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント