01:41 2019年10月22日

ベネズエラ外務省 国営石油会社事務所のモスクワ移転「可能な限り早期に」

© REUTERS / Andrew Kelly
政治
短縮 URL
0 81
でフォローする

ベネズエラのアレアサ外相はスプートニクに対し、原油・天然ガス事業を手掛ける同国国営石油会社(PDVSA)のリスボン事務所のモスクワへの移転について、可能な限り早期に行われると明らかにした。

スプートニク日本

事務所の移転が5月末までに行われるかとの質問に対し、アレアサ外相は「可能な限り早期に(行われる)」と答えた。

ベネズエラのマドゥロ大統領は3月初め、リスボンにあるPDVSAの事務所の閉鎖とモスクワへの移転を命令。この決定は、米国が同社を制裁リストに加えたことを受けて下された。同社の資産は既に凍結されている。この結果、同社は自らにとって最大の市場を失い、米国内に自社が保有する複数の石油精製工場から資金を受け取ることができなくなっている。

PDVSAは、ロシアの国営石油会社「ロスネフチ」のパートナー企業。ロスネフチはベネズエラ国内で現在、原油の探査・採掘に関する5件のプロジェクトを実行している。

関連ニュース

ポンペオ米国務長官、制裁に反してベネズエラから石油を購入しているとしてロシアの「ロスネフチ」を非難

米国、ベネズエラのパートナー国を制裁で脅す

タグ
ロシア, 石油, ベネズエラ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント