07:13 2019年05月22日
露外務省:米国の対ベネズエラ制裁は「野蛮」かつ「文明国にふさわしくない」

露外務省:米国の対ベネズエラ制裁は「野蛮」かつ「文明国にふさわしくない」

© Sputnik / Alejandro Martinez Velez
政治
短縮 URL
2122

ロシア外務省のザハロワ報道官はブリーフィングで、米国がベネズエラの合法政府に圧力をかけるために使用している方法は、自らを文明国とみなす国にはふさわしくないものだとの考えを表した。

スプートニク日本

ザハロワ報道官は「米国政府は、ベネズエラに対する制裁のはずみ車を熱心に回している」と述べ、ベネズエラに対する制裁を積極的に強化していると指摘した。

報道官はまた、ポンペオ米国務長官の米国はベネズエラの農産物の生産量減少には関与していないとの発言に言及し、ベネズエラの農産物の購入額は米国の制裁によって引き起こされた損害とほぼ同じだと指摘した。

またザハロワ氏は、「圧迫を強め、マドゥロ氏(ベネズエラ大統領)から資金を奪う」ために新たな制裁が検討されているとのボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の発言にもコメントし、「これが国際法、人権、人道法の使用が一般的ではなかった100~200年前の発言であれば野蛮には聞こえなかっただろう。しかし我々が生きているのは2019年だ。自らを文明国、開かれた国、自由な国、民主主義国家と呼ぶ国々で、どうやったらこのようなことが存在できるというのだろうか?」と述べた。

ベネズエラの政変関連のニュースと記事はこちら

タグ
米国, ベネズエラ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント