12:23 2019年07月16日
カナダ

カナダ、ケルチ海峡事件を受けて対ロシア制裁発動

CC0 / pixabay
政治
短縮 URL
3211

カナダは、ケルチ海峡での事件と所謂「クリミア併合」を理由に、ロシア人114人、企業15社に対する制裁を発動した。カナダ外務省が発表した。

スプートニク日本

外務省の声明では「カナダは本日、EUと米国との調整において、黒海とケルチ海峡でのロシアのアグレッシブな行動とクリミアの違法併合に対する新たな制裁を発表した」と述べられている。

ロシア連邦保安庁は11月25日午前、3隻のウクライナ船がロシア側に航行の許可を得ずにケルチ海峡に向かい、領海に侵入したと発表した。

ロシア保安庁沿岸警備隊とロシア黒海艦隊の艦船がウクライナ艦船に対し、合法的な停止命令を行った。ところがウクライナ艦船はこれに反応せず、航行を続けたため、ロシア側は違反船舶の強制停止のため、武器を用いた。ウクライナ海軍の兵士3人が軽傷を負い、治療を受けた。艦船は拿捕された。ロシア大統領府はこの事件を「非常に危険な挑発行為」だと呼んでいる。

ウクライナのポロシェンコ大統領は、黒海での出来事を受けて国内で戒厳令を発令する大統領令に署名した。

タグ
制裁, ロシア, カナダ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント