01:44 2019年06月25日
ロシア軍

スウェーデンの専門家 ロシアを「敗北の超大国」呼ばわり

© Sputnik / Sergey Malgavko
政治
短縮 URL
566

スウェーデンの防衛研究所の専門家、ジョーナス・クジェレン氏は、ロシアの電子戦術に関する報告書で、ロシアを現代の軍備競争の部外者と呼んだ。そして、ロシアは、西側諸国の軍事技術の発展に追いつくことができないだけに、敗者の立場から超大国になろうと志向していると述べた。

スプートニク日本

クジェレン氏はこの説の論拠とするのは、電子戦分野でのハイテク防衛および予防措置がロシアにとっては高額につきすぎる点だ。そのためロシア政府は、ステルスシステムを避け、人員や軍事機器、軍事インフラの保護を可能とするより安価な技術的ソリューションを好む傾向にある。

ロシアで新しい電子戦の手段が多く誕生している理由についてはクジェレン氏は、ソ連時代の開発の焼き直しでしかないと説明しているた。

しかし、多くの西側アナリストは、スウェーデンの専門家に反対の立場を示した。米国海軍分析センターの専門家であるサミュエル・ベンデット氏は、ロシアは電子戦の分野でも米国を凌いでいると語った。

米国政府のシンクタンクで戦略的研究センターのランド研究所は、米国対ロシアや中国といった対抗国との間の軍事紛争をモデル化した。シミュレーションの結果、専門家たちは米国は非核紛争で敵対国に敗れると結論付けた。

関連ニュース

ロシア、6年で高精度巡航ミサイルが30倍に

2018年の主要な軍事ニュース

タグ
軍事, 武器・兵器, ロシア軍, スウェーデン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント