16:59 2019年06月27日
ロシア上院(連邦会議)国際問題委員会のイーゴリ・モロゾフ委員

モルグロフ外務次官:露日のアプローチでは平和条約に関して大きな相違が残っている

© Sputnik / Aleksei Kudenko
政治
短縮 URL
83

ロシアのモルグロフ外務次官は21日、ロシアと日本のアプローチでは平和条約に関して今も大きな相違があるが、ロシアは同テーマに関して日本と建設的な対話をする用意があると述べた。

スプートニク日本

モルグロフ氏は、日本の森健良外務審議官との平和条約締結問題に関する協議で、「私は、我々がまだ交渉の道のりの一番最初におり、我々のアプローチには大きな相違が残っていることを確認しなければならない」と述べた。

またモルグロフ氏は、ロシアと日本は交渉プロセスを前進させなければならないと指摘した。

関連ニュース

南クリル諸島の住民、島の日本への引き渡しに反対=世論調査

タグ
クリル諸島で露日が協力, 露日関係