07:02 2019年06月19日
金正男(アーカイブ写真)

マレーシア 金正男氏殺害で、ベトナム人被告に禁錮3年4月

© REUTERS / Thomas Peter
政治
短縮 URL
101

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで殺害された事件で、マレーシアの首都クアラルンプール近郊の高等裁判所は1日、実行犯として起訴されたベトナム人のドアン・ティ・フオン被告に、禁錮3年4月の実刑判決を言い渡した。ザ・スター紙が報じた。

スプートニク日本

弁護士によると、検察側は殺人罪から「危険物を用いた傷害罪」に訴因を変更した。被告は「危険物を用いた傷害罪」で、最大懲役10年、罰金、籐の棒で殴打するという体罰が科される可能性があった。

なお事件ではインドネシア国籍のシティ・アイシャさんも殺人罪で起訴されていたが、先月、検察が突然起訴を取り下げ、アイシャさんは釈放された。

金正男氏は2017年2月13日にマレーシアのクアラルンプール空港で倒れ、空港から病院に搬送中に死亡した。警察は、何者かが正男氏の顔に何らかの液体をかけたと発表した。マレーシア当局は、正男氏は禁止されている神経剤VXの作用によって死亡したと発表した。

関連ニュース

ベトナム、金正恩氏の異母兄弟を殺害した容疑で起訴されたベトナム人の釈放を要請

タグ
マレーシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント