08:08 2020年05月28日
政治
短縮 URL
0 18
でフォローする

NATO(北大西洋条約機構)のローズ・ゴッテメラー副事務総長は、ケルチ海峡をめぐる状況について、ロシアが同海域で「コントロールを拡大」しようとしているため、NATOはその状況にかなり問題があると考えており、パートナー国をサポートするためにNATOは黒海に残る方針だと発表した。

スプートニク日本

ゴッテメラー氏は「NATOは黒海に十分なプレゼンスを持っており、我々は私たちのパートナーをサポートするためにそこに居続ける」と述べた。

関連ニュース

タグ
欧州, 米国, ロシア, 軍事
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント