04:06 2019年06月26日
ボルカー・ウクライナ担当特別代表

ロシアはRTとスプートニク使いウクライナに「影響」=米特別代表

CC BY-SA 2.0 / Center for the Study of Europe Boston University / Europe's Default Liberal Hegemon
政治
短縮 URL
0 110

米国のボルカー・ウクライナ担当特別代表はテレビ番組「PBSニュースアワー」で、ロシアが政府系メディアRTとスプートニクを用いてウクライナ情勢に影響しているとの認識を示した。

スプートニク日本

先月31日に行われたウクライナ大統領選でボロディミル・ゼレンスキー氏が首位に立ち、決選投票に進むことが決まった。

インタビューを行ったニック・シフリン記者は、ロシアがゼレンスキー氏を試す、もしくはこの状況を利用することはあり得るかたずねた。

ボルカー氏はウクライナ大統領が誰であろうと「試し続けるだろう」と答えた。その上でロシアが衝突を「加熱している」と批判した。 

「あらゆる種類のプロパガンダを目にするでしょう。RT、スプートニク、サイバー攻撃。工具箱全体がウクライナで展示されている」

ボルカー氏はさらに、ロシアがウクライナ大統領選の「操作」を試みているとしたが、証拠は一切提示しなかった。

タグ
露日関係, ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント