10:24 2019年11月15日
US-Kongress in Washington

米議会では、対露制裁のイニシアチブによる「疲労」が見られている

© AP Photo / Susan Walsh
政治
短縮 URL
131
でフォローする

米議会では、米大統領選挙への所謂「介入」に対してロシアに新たな制裁を発動することを提案するイニシアチブによる「わずかな疲労」が見られている。ブルームバーグ通信が、対ロシア制裁に関する法案の作成者の1人、マルコ・ルビオ上院議員の発言をもとに報じた。

スプートニク日本

ルビオ議員は「最近、我々は、制裁によるわずかな疲労に直面している」と述べた。

またロン・ジョンソン上院議員は「制裁は時に両刃の剣である... したがって我々は実際に一歩後退して、我々は現在どこにいるのか、そして何ができるのかを評価する必要がある」と述べた。

ブルームバーグ通信によると、大勢の上院議員は依然として「米国およびその他の国々でのその行動」に対してロシアの責任を問う意向だが、現時点で「ロシア大統領府に正しい信号を送る方法についてのコンセンサス」はないという。

4月3日、上院議員らは、将来の選挙に「介入」した場合にロシアおよび第三国に制裁を科すことを盛り込んだ法案を提出した。

関連ニュース

トランプ大統領、露中に軍事支出の削減を呼びかける

米下院歳入委員会、内国歳入庁にトランプ大統領の6年分の納税申告書の提出を要請

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント